HOME > 道央エリア > 「北の国から」資料館

「北の国から」資料館

歴史と見どころ

「北の国から」資料館

歴史を感じさせる大きな倉庫を改装して作られた資料館です。作家・倉本聰氏のプロデュースにより、2003年6月にリニューアルオープンし、通年開館になりました。
ドラマ「北の国から」で使われていた大道具や小道具、衣装、パネルなどが展示されています。ドラマを観ていた人なら、ピンとくる思い出のワンシーンに出会えることでしょう。逆に観ていなかった人は、この資料館で「北の国から」の魅力に迫るのも良いと思います。ここで興味が沸いてドラマを観れば、実際に見てきた道具などが画面に登場するのでそれも新しい興奮があると思います。
直筆原稿なども展示されていて、めったに見られない貴重な物を見ることもできます。資料は毎年異なるテーマで展示をしているので、1回だけでなく繰り返し訪れると更に深くドラマの余韻に浸ることができます。ファンにはたまらないスポットですね。 ドラマの世界に触れて、新しい発見と共にあの感動を再び味わえるはずです。

ドライブスポット名 「北の国から」資料館
所在地 北海道富良野市朝日町5-20
テーマ 工場・施設
アクセス JR富良野線富良野駅より車ですぐ。
駐車場 無料あり
お問い合わせ 0167-39-2800
営業時間 8:30~18:00(入館~17:30)。
休館日 年中無休。
料金 大人500円。小学生300円。

コメント