HOME > 道東エリア > 真鍋庭園

真鍋庭園

歴史と見どころ

真鍋庭園  北ヨーロッパの樹木と日本庭園を合わせた珍しい庭園です。日本一の面積を誇る園内には樹齢千年を越す巨木やエゾ松、トド松などなど100万本に及ぶ樹木があり、色彩もとりどりです。60年以上かけて世界中から収集し続けている数千品種の植物コレクションが集います。 ここは3つのテーマガーデンで構成している回遊式ガーデンです。日本庭園・西洋風庭園・風景式庭園と雰囲気の違う3つを一度に楽しめます。どこを切り取っても絵になるので、撮影にも向いています。お気に入りの一枚もきっと取れるはずです。 広い園内で歩き疲れたら、エゾリスや野鳥も訪れるカフェテラスで小休憩、帰りには最新の園芸品種など珍しい物を購入できるガーデンセンターに寄るのもおすすめです。 真鍋庭園の敷地内はまるで別世界です。目に映るものは一面の緑、耳に聞こえるものは鳥のさえずりや風に揺れる葉の音。おとぎの国に迷い込んだような気分で、自然の恵みを十分に満喫して下さい。
ドライブスポット名 真鍋庭園
所在地 北海道帯広市稲田町東2-6
テーマ 自然・観光地・公園
アクセス 帯広広尾自動車道帯広川西ICから車で約5分
駐車場 無料あり
お問い合わせ 0155-48-2120
URL http://www.manabegarden.jp
営業時間 4月下旬~12月上旬 。8:00~17:00(6~8月は 8:00~18:00)
料金 大人800円。中学生200円。小学生200円
休館日 12月中旬~3月

コメント