HOME > 函館エリア > 函館公園

函館公園

歴史と見どころ

函館公園 函館山東麓のゆるやかな丘陵地に位置する公園です。市街や港湾の展望が良いスポットとして知られます。敷地内には市立函館博物館、図書館、小動物園、遊園地のこどものくになどが併設されています。 旧図書館横と動物舎にある遊具は幼児用です。遊園地にはまだ早い子供も安心して遊べます。美しい花壇もあり、心を和ませてくれる他、季節になると桜が咲き誇り、五稜郭公園と並ぶ桜の名所としても人々を楽しませています。 公園の南側には「ひょうたん池」と北海道の形をした「北海池」、北側には「中央大噴水広場」があり、風景のアクセントになっています。広場の噴水では水遊びができるので、子供にも人気です。広い散策路もあり、大人も十分楽しめます。 設立は、当時のイギリス領事ユースデンの「病人にも病院が必要なように健康な人にも休養する場所が必要」という呼びかに市民が賛同したのが始まりです。こういうのんびりできる場というのは、誰にとっても大切ですね。
ドライブスポット名 函館公園
所在地 北海道函館市青柳町17-3
テーマ 自然・観光地・公園
アクセス 函館市街地から車で約10分
駐車場 あり(障がい者用のみ)
営業時間 無し。他、施設毎。
休館日 無し。施設毎。
料金 公園;無料。市立函館博物館;一般100円。学生・生徒・児童50円。こどもの国;250円/1回。
お問い合わせ 0138-22-7255

コメント