HOME > 道南エリア > 江差町会所会館

江差町会所会館

歴史と見どころ

江差町会所会館 江差焼とは、円山地区で採れた円山陶石を原料に使った陶器です。江差には円山陶石の他にも田沢陶石・中歌陶石などがあり、総称して江差陶石と呼んでいます。中でも使い扱いやすいのが円山陶石であるとされています。 江差陶石研究会ではこの円山陶石を使った江差焼を手作りし、販売しています。 研究会は23名の会員で構成され、毎週平日に陶器作りを行っています。販売している陶器は、江差追分の一節が描かれた湯のみや小皿、大皿、箸置きなどです。全て手づくりのため、一点一点に違う魅力があり、深い味わいがあります。 江差町会所会館では江差陶石研究会が講師となり、江差のお土産として用いられる江差焼の手作り体験を行っています。 体験できる内容は、素焼き物への絵付けと器の制作です。陶器を形作る際は、普段使うことのない道具に触れ、初めての感覚に驚くばかりです。また、陶器には縦書きの文字がよく似合います。初心者が作っても様になるのが嬉しいです。
ドライブスポット名 江差町会所会館
所在地 北海道檜山郡江差町字中歌町76番地1
テーマ 体験
アクセス 函館から車で約90分
駐車場 無料あり
営業時間 4月~10月9:00~16:00
休館日 11月~3月。営業期間中は無休。
料金 1,000円
公式URL http://www.hokkaido-esashi.jp/(江差町)
お問い合わせ 080-5596-7393

コメント